毎日、皆さんはどうお過ごしでしょうか。2月4日旧暦ではこの日が1年の始めとされていたため、決まり事や季節の節目はこの日が起点になっています。
八十八夜、二百十日、二百二十日も立春から数えます。冬至と春分の真ん中で、まだまだ寒いですが、暦の上では冬と春の境目にあたり、この日から春になります。梅の花が咲き始め、徐々に暖かくなり、春の始まりとなります。
 歳時館でも、蔵の前の梅の木が早くも赤い蕾を膨らませポツポツと咲き始めました。まだまだ先にある春の期待感を感じさせてくれます。
 また、歳時館では、平成29年度の歳時館主催による子供のための茶道、お琴、生花、将棋の4つの教室と大人の折り紙教室の生徒募集を行います。

募集期間は平成28年2月7日(火)から平成28年3月5日(日)

対象者は、子どもの教室は小学生、大人の折り紙教室は成人からとなっています。
申込は、歳時館にある所定の用紙で、申込んで下さい。
よろしくお願いいたします。

4月19日(水)~4月29日(土)に予定されていました展示「能間邦雄 米寿写真展(蔵にて)」は都合により中止になりました。

アクセスマップ