直方歳時館は、近代の炭鉱開発に尽力した堀三太郎氏の住宅として明治31年に建設されたものです。
その後、昭和16年に直方市が寄贈を受けてから約30年にわたって中央公民館として親しまれ、その間、約3000組を超える市民がここで結婚式を挙げ、また、ナイトスクールの開講によって多くの人々に親しまれてきました。
江戸時代には、この地に隣接して、直方藩の迎賓館とも言うべき、御茶屋御殿がありました。
その後、建物の老朽化により、利用されませんでしたが、平成9年から2年を費やし、「直方歳時館」と名称も新たに、直方の四季折々を演出する新しい施設として生まれ変わりました。
「蔵」リニューアルオープン!

明治31年に建てられた蔵の一部を展示室として改装しました。
120年の時を感じさせる、大きな梁が特徴の展示室です。皆さまのご来館、ご利用をお待ちしています。
公益財団法人直方文化青少年協会管理施設一覧
直方歳時館
■開館時間/9:00~21:00(利用のない場合は17:00閉館) ■休館日/毎週月曜日(祝日の場合は開館)・12月29日から1月3日
公益財団法人直方文化青少年協会
〒822-0015 福岡県直方市新町1丁目1-18 tel & fax.0949-25-2008 e-mail.saijikan@grace.ocn.ne.jp
(C)Copyrigth Nogata Saijikan allright reserved.