クラシック
大ホール
2022年3月5日(土)開催
 篠崎史紀&N響の仲間たちが奏でる音楽会
NHK交響楽団の第1コンサートマスター、篠崎史紀とN響の仲間たちによる贅沢なピアノクインテットをお届けいたします。
春の来訪を告げるような心地よい弦楽器の音色に心癒されてください。
 出  演
 篠崎 史紀  / NHK交響楽団 第1コンサートマスター
 倉冨 亮太  / NHK交響楽団 第1ヴァイオリン
 ■中村 翔太郎 / NHK交響楽団 ヴィオラ首席代行
 ■市 寛也   / NHK交響楽団 チェロ
 
入江 一雄  / ピアノ
 演 奏 曲 目
 美しきロスマリン / F.クライスラー
 
愛の喜び /  F.クライスラー
 
ピアノ五重奏曲 ヘ短調 作品34 / J.ブラームス
                          ・・・ほか
 ※都合によりプログラムは変更する場合がございます。予めご了承ください。
開 催 日 時
2022年3月5日(土)13:15開場 14:00開演
会     場
ユメニティのおがた 大ホール【全席指定】
チ ケ ッ ト
1月8日(土)10:00チケット発売開始(割引4枚まで)

一 般
前売券
一般/4,000円
学生/1,000円
当日券
一般/4,500円
学生/1,500円
会 員
前売券
一般3,600円
学生/ 900円
当日券
一般/4,050円
学生/1,350円

プレイガイド
ユメニティのおがた そぴあしんぐう 岡垣サンリーアイ なかまハーモニーホール
イイヅカコスモスコモン
ローソンチケット(Lコード:84161)
チケットぴあ(Pコード:205-800)
託    児
有料託児あり(500円/人)
託児を希望のお客様は、本公演のチケットを購入後2月27日(木)までにユメニティのおがたまでお申込みください。

ユメニティのおがた(TEL:0949-25-1007)
備     考
ご来場の際は、マスクの着用、手指の消毒など新型コロナウイルス感染防止対策へのご協力をお願いいたします。
なお、状況によってはイベントの中止や日程の短縮等の変更が生じる場合がございます。
ダウンロード
チラシダウンロード


出演者プロフィール
篠崎 史紀 -Fuminori Shinozaki-

NHK交響楽団コンサートマスター。愛称“まろ”。
3歳より両親の手ほどきを受け、1981年ウィーン市立音楽院に入学。
翌年、コンツェルト・ハウスでコンサート・デビューを飾る。
その演奏は、「信頼瀬のあるテクニック、遊び心もある音楽性」「真珠を転がすような丸く鮮やかな音色、魅惑的な音楽性」と各メディア紙から称賛される。
その後ヨーロッパの主要なコンクールで数々の受賞を果たしヨーロッパを中心にソロ、室内楽と幅広く活動。
88年の帰国後、群響、読響のコンサートマスターを経て、97年N響のコンサートマスターに就任。依頼“N響の顔”として国内外で活躍する。
ヨーロッパ公演では、「コンサートマスターの篠崎は言葉にならないくらい神がかっていた」「篠崎のカリスマ的な姿は、銀白の鎧をまとった戦士のようでもあり、全てを統括していた」と評される。
2004年より銀座・王子ホールでスタートした『MAROワールド』。このシリーズから弦楽合奏団「マロカンパニー」が結成された。
これらの功績により、「2020年度第33回ミュージック・ペンクラブ音楽賞」受賞。
その他、79年史上最年少で北九州市民文化賞、2001年福岡県文化賞、2014年有馬賞受賞。東京藝大、桐朋学園、昭和音大で後進の育成にも力を注いでいる。
WHO国際医大アカデミー・ライフハーモニーサイエンス評議員議員。
使用楽器は1735年製ストラディバリウス。(株)ミュージック・プラザ 神田侑晃より貸与。

倉冨 亮太 -Ryota Kuraromi-

東京藝術大学音楽学部弦楽科を卒業。
在学中に安宅賞等受賞。同大学修士課程修了。シゲティ国際コンクール入賞。リピツァー国際コンクール第2位(最高位)、特別賞受賞。公益財団法人ロームミュージックファンデーション2016年度奨学生。
これまでに千田成子、清水高師、篠崎史紀の各氏に師事。
東京ジュニアオーケストラソサエティ講師。現在、NHK交響楽団ヴァイオリン奏者。



(C)Ayane Shindo
中村 翔太郎 -Syotaro Nakamura-

兵庫県三田市出身。4歳よりヴァイオリンを始め、2005年、東京藝術大学附属音楽高校入学を機にヴィオラに転向。これまでにヴィオラを百武由紀、川崎和憲の各氏に師事。
第15回コンセル・マロニエ21弦楽器部門第1位、他多数入賞。
サント・ヨーロッパ音楽祭に出演や、ウィーンフィル、ベルリンフィルメンバーと共演するなど国内外で活躍している。
大阪フィルハーモニー交響楽団や日本センチュリー交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、ベトナム交響楽団に客演首席奏者として出演。
毎年地元の三田で「真冬の熱いクラシック」を主宰するなど関西方面でも積極的に活動している。
学内において同声会賞、アンカンサス音楽賞、三菱地所賞受賞。
東京ジュニアオーケストラソサエティ講師。
藝大同期による弦楽アンサンブル「TGS」代表。Alto de Campagne(ヴィオラ四重奏)メンバー。
東京藝術大学卒業。N響アカデミーを経て現在NHK交響楽団首席代行ヴィオラ奏者。

市 寛也 -Hiroya Ichi-

福岡県福岡市出身。
東京藝術大学音楽学部を経て、同大学院修士課程修了。
在学中に、チェロを河野文昭、苅田雅治の両氏に師事。学内にて同声会賞受賞。新人演奏会に出演。
原村室内楽セミナー(現リゾナーレ室内楽セミナー)にて基金緑の風音楽賞を受賞。
弦楽四重奏で松尾学術振興財団より助成金を授与。
別府アルゲリッチ音楽祭、北九州国際音楽祭、東京・春・音楽祭などに出演。
2016年秋より一年間、アフィニス文化財団より奨学金を得て南ドイツ・ミュンヘンへ留学。バイエルン放送交響楽団ソロ首席代行奏者Hanno Simons氏に師事。
アクロス弦楽合奏団メンバー、東京ジュニアオーケストラソサエティ講師。明治大学交響楽団、東京大学音楽部管弦楽団トレーナー。
2012年1月よりNHK交響楽団チェロ奏者。

入江 一雄 -Kazuo Irie-

東京藝術大学・同大学院を首席で卒業・修了。
2012年9月よりチャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院研究科に在籍し、2016年夏にディプロマを取得し同科を修了。
留学中にロームミュージックファンデーション(2012.13年度)・文化庁(2015年度)より助成を受ける。
第77回日本音楽コンクールピアノ部門第1位、第1回コインブラ・ワールド・ピアノ・ミーティング(ポルトガル)第5位入賞他受賞多数。
幅広いレパートリーの中でもライフワークでもあるプロコフィエフのピアノソナタ全曲などの国内主要オーケストラとの共演や、若手演奏家からベテラン奏者まで幅広い音楽家との共演機会も多い。
近年では篠崎“まろ”史紀氏から絶大な指示を受け、同氏リサイタルや室内楽公演で多くの共演機会に恵まれる。
これまでに植田克己、エリソ・ヴィルサラーゼら著名な音楽家に師事。
現在、桐朋学園大学、昭和音楽大学にて教鞭をとる。
王子ホールレジデンス「ステラ・トリオ」メンバー。
公益財団法人直方文化青少年協会
〒822-0034 福岡県直方市山部364-4 Tel:0949-25-1007 Fax:0949-25-1001
(C)Copyright Yumenity Nogata allright reserved.