第8回目 9月22日(土)
11時に班長の号令でスタート、今回は、土曜授業もなく全員参加です。
まず、伊佐先生が宿題の「どんな曲にしたいか」を尋ねると、考えてきた子もいたようですが、みんな恥ずかしいのか周りを見渡すばかりでした。次に、もう一つの宿題の“好きな曲”を一人ずつ発表しました。子どもたちは、「この曲いいよね。」などほかの子の発表を聞いて、大いに盛り上がりました。堤先生から、「みんなが発表してくれた曲を聞いて、たたき台となる曲を作り、みんなの意見を聞きながら曲作りを進めていこう」という話がありました。
その後、今日の講義では「ストリングカルテットをパートに分かれて打ち込みます。」という説明がありました。
さて、打ち込みの開始です。
まず、前回行ったハウスミュージックの続きとして、ドラムのリズムの打ち込みを行いました。
次に、ストリングスの打ち込みです。曲目はビートルズの『イエスタディ』です。この曲は、大人は知っていますが、今は、知っている子どもがほとんどいません。子どもたちをバイオリン1と2、チェロのパートに分け、それぞれが打ち込みを行います。ヴィオラは難しいので堤先生の担当です。子どもたちは、ストリングアレンジの譜面を見ながら打ち込みます。
4小節打ち込んだところで、かなり時間がかかったので終了。最後に、グループごとに合図とともに、みんな一斉にガジェットのプレイボタンを押して、演奏を出力します。サポーターのLeeさんが、ガジェットの伴奏で歌ってくれました。続きは、次回に持ち越しです。

“ユメミル”では、ガジェットの打ち込みと同時に、コードやリズムなどの勉強をしています。
今回は、譜面を見ながら打ち込みを行いました。段々講義の内容のレベルが高くなってきました。
子どもたちが、音楽をもっと好きになってくれるように、音楽の基礎の勉強にもしっかり取り組んでいます。

最後に、いつも落ちこぼれている私ですが、今回はなんと、Ipadを家に忘れてくるというウルトラC難度の技を繰り出しました。これには、サポーターのS.Iさんも驚かれていました。
Sさんの「家に取りに帰れば」という優しい言葉も聞き流し、今回は、報告書を書くことに専念しました。
ユメニティのおがた(T.S)
公益財団法人直方文化青少年協会
〒822-0034 福岡県直方市山部364-4 Tel.0949-25-1007 Fax.0949-25-1001
(C)Copyrigth Yumenity Nogata allright reserved.